東急不動産が各地で起こしているトラブル

東急不動産が起こしたトラブルについて紹介しているページをリストアップしていこうと思います。

[1]買ってはいけない東急リバブル東急不動産、騙し売り、反対運動

東急不動産による騙し売りの実態やマンション建設のトラブルについて数多くの事例を紹介しているページです。ここに書かれていることは本当だとすると、東急不動産ってとんでもない会社ですね。こんな会社とまともな交渉なんてできませんね。

[2]林田力『東急不動産だまし売り裁判』東急トラブル一覧

東急不動産だけでなく東急電鉄その他の東急グループによる案件も含め、東急グループによる各地でのトラブルを紹介しているページ。一覧になっていて観やすいですが、それぞれもっと詳細が分かるとうれしいのですが。

[3]東急グループトラブル:東急不動産・東急リバブル不買運動

ページのタイトルには「東急不動産・東急リバブル不買運動」とありますが、東急グループ各社の問題点を紹介されています。[1]のページとデザインがよく似ているので、同じ人が書かれているのかも。それにしても、なんともまあすごい量のトラブルです。こういった問題を起こしている会社がよくもまあ、あんなCSRをホームページに掲げられるものだと思います。今までは東急不動産だけが問題なのかと思っていましたが、今や東急グループ全体がこんな感じなんですね。沿線に住んでいるのが空恐ろしいです。

[4]マンション販売トラブルで「お詫び」 東急リバブル・東急不動産

著者が林田力さんとなっているので、書かれたのは[2]のページの人ですね。『東急リバブル株式会社び東急不動産株式会社が自社ウェブサイト上に「お詫び」を掲載した。お詫び文章の出し方一つを見ても、企業の姿勢を判断できる。』とありますが、そもそもお詫びをしないといけないような売り方をしていること自体が問題なんですよね。

[5]林田力 東急不動産消費者契約法違反訴訟

これも林田さんですね。今まで知りませんでしたが、この業界では有名人なんですね。

[6]ブランズシティ守谷ハッピー守谷(くらしブランド)~高層分譲マンション問題~

ようやく林田さん以外の方が書かれたページを発見(笑)。守谷市でも東急不動産は問題を起こしているんですね。それにしてもドメイン名がbranzcity.comっていうのが凄いな。

検索していると次から次へと出てきて、いつまで経っても終われません(笑)。ということで、随時少しずつ追加していきたいと思います。

[7]ブランズシティ守谷 – 東急不動産東急リバブル不買運動

同じくブランズシティ守谷に関するページ。なんと第1回説明会では19階建ての計画だったのが、第2回説明会では30階の計画になったのだとか。近隣住民無視もはなはだしいですね。

東急不動産が各地で起こしているトラブル」への2件のフィードバック

  1. 初めまして。東急不動産の評判について調べていたらたどり着きました。
    現在東京都豊島区長崎三丁目に6階建て167戸の学生寮を東急不動産が建てようとしています。
    近隣住民に対しては事前の意見交換や説明も無くいきなり工事が始まっています。
    一応説明会は開かれましたが住民の意見など一切聞く耳を持ちません。
    当然近隣住民は怒っています。
    こんな物も東急不動産は建てようとしていることを知ってもらえれば幸いです。

  2. 落合さん

     コメントありがとうございました。大規模な学生寮を東急不動産が建てているとのことですが、どこかの大学から仕事を請け負って建てているというのではなく、東急が独自に建てているということなのでしょうか。

     ブランズシティ久が原の説明会でも、東急は、自分たちが買った土地なのだから、法律に違反しなければどんな物を建てようが近隣住民に一切文句を言われる筋合いはないというスタンスでした。既に住んでいる人たちと良い関係を築こうという気持ちは全くないですね。とにかく建てて売ってしまえば後のことは知ったことではないという感じです。本当にどうしようもない会社ですよ。このマンションを買う人が可哀想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>