ウグイスよ、さようなら!


大晦日にアップした記事で取り上げた大田区の「みどりの条例」の続きですが、第7条には次のように書かれています。

第7条 区民、事業者及び区は、大田区の木、花の選定について(昭和51年告示第400号)に定めるクスノキ及びウメ並びに大田区の鳥の選定について(平成2年告示第305号)に定めるウグイスについて、保護、育成及び普及に努めなければならない。

「(仮称)ブランズシティ久が原」マンション建設予定地の木々はもうほとんど東急によって伐採されてしまいましたが、あの林にはウグイスが住んでいて毎年春にはとても気持ち良さそうに鳴いていました

東急の説明では林に住む生物の調査をやったという話でしたが、調査をやったのはわずか2日ほどで、保護対象となる生物はいなかったと説明していました。

たしかに絶滅危惧種とか天然記念物級の生物はいなかったのかもしれません。しかし東京23区内においてウグイスがいるというのは貴重だと思うんですけどね

上で引用した大田区の「みどりの条例」ではウグイスの保護に努めなければならないとありますが、明らかに努めてはいませんね。

まあみどりを守る気など最初からさらさらない東急が形だけの調査をして、そんなものはいなかったとする調査結果を作るのは当然でしょうが、大田区があそこにウグイスがいるということを知らないはずはありません。なのに東急が持ってきたマンション計画をあっさり認めてしまうのですからね。大田区も第7条で定める「ウグイスの保護に努めること」をどうでもよいことだと思っているとしか思えません

あのウグイスの声がもう今年から聞けなくなったかと思うと残念でなりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>