「羽田まで13分」とはデタラメにも程がある


「(仮称)ブランズシティ久が原計画」周辺住民のブログのこちらの記事に対してつけられていたコメントをみてビックリ! 久が原から羽田空港の国際線ターミナルまで13分ですと! たしかに確認してみたら、マンションの公式ホームページにはそう書かれていました。

キャプチャ

京急蒲田と羽田空港国際線ターミナルの間を5分で走る特急ってそうそうないので探すのにものすごく苦労するんですが、乗車している時間の合計だけなら確かに13分という組み合わせがないというわけではありません。でもJR蒲田と京急蒲田は直線距離でも750m。普通に歩けば10分ぐらいかかるので、待ち時間0分の理想的なタイミングでも23分は間違いなくかかると思うんですけどね。こういうのって景品表示法違反にならないんですかね。

キャプチャ2

わざわざ羽田空港国際線ターミナルを取り上げるあたり、いかにも中国人に売ろうという意図がありありですよね。林田力さんの裁判以降、東急不動産が消費者を騙してマンションを売ろうとする会社だということがネットでちょっと調べればざくざく出てきて日本人には売りにくくなっているので、代わりに中国人をターゲットにしようとしているからでしょうか。

ちなみに渋谷までいくんだったら鵜の木から行けば東急だけで行けるのに、「ブランズシティ久が原」なのでわざわざ久が原に出てJRに乗って余計なお金払って長い時間かけて行ってますね。(東急式計算方法なら)鵜の木からなら20分で行けるのに(笑)。ほんとアホだな。

キャプチャ

キャプチャ


「羽田まで13分」とはデタラメにも程がある」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。こちらの物件、竣工から半年もたったにもかかわらず、「完成在庫」を抱えていますね。
    東急不動産の2016年決算では完成在庫が20.9%と、会社全体の在庫率が高いので(日経記者・牧田司いわく、「微妙な水準」)、担当者が下手を打っただけではなく、会社全体の問題と考えた方がいいのでしょう。

  2. コメント、ありがとうございます。
    まあ昔と違い、完成前から完売という時代ではなくなったので、完成後もある程度売れ残りは出るんでしょうね。買う方からすれば、完成した現物を見てから買えるという点では良い面もあるのでしょうが、いずれ売れない物件は値段を下げてでも売る時期が来て、本来買えなかったようなレベルの人が入居してきて、結局ブランド価値も中古で売るときの価値も下がるのでしょう。そう考えると、やはりあまり長く売れ残るようなマンションは、企画から間違っていたということになるのかもしれませんね。

kanrinin にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>